--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2008/05/20 フロントフォークオイルシール交換+α(組立編)
画像サーバが復旧したみたいですのでやっとアップです。
でもちょっと遅い。やれやれ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GWも終わり、発注していたパーツも手に入りました。
てことでついに組立です。

再利用するパーツはこの間、徹底的に掃除しておきました。
全体的にパーツクリーナーで汚れを落として、インナー・アウターチューブ内部はウエスで拭き上げて、インナーチューブの点サビは1200~1500番の耐水ペーパーで軽く落としました。
しかしアウターチューブ内、リテーニングリング溝周辺のサビは取り切れない感じでした。あまりゴシゴシ出来ない場所ですので仕方ないです。

ここでいつもの私ならアウターチューブ外観をバフ掛けするとかなるんですが、今回は時間が無いし、先日マフラーをバフったばかりなのでやる気も起きませんでした。

ちなみにスライドメタル類の新品はこんな感じです。

2008051901.jpg 2008051902.jpg

テフロン加工されているほうはほとんど変わりありませんね。
でもガイドブッシュ、スライドブッシュ共に古い方は逆側が地が出るほど削れています。なんでだろう??まあでも心配するほどの事でもないでしょう。

他の交換部品も写真撮ったけど写真では違いが分からなかったので載せませんね。

さてでは作業開始です・・・
2008051903.jpg

まずはインナーチューブにスライドブッシュを取り付けます。
切れ込み部分を若干開き気味にしながら入れます。
前回書かなかったけど外すときも開き気味にして外します。

2008051904.jpg

インナーチューブにシリンダーユニットを上から入れて、スプリング、スプリングベース、スペーサーを入れてトップキャップを仮締めします。
これは例のシリンダーユニット固定ボルトを締めるための仮止めです。スプリング等は後でまた抜き取ります。

2008051905.jpg

インナーチューブ最下部にシリンダーベースを取り付けます。
上下向き注意。
ゼファー1100の場合狭まっているほうが上です。
ていうかそっち向きにしか入りません。

いちおうスライドブッシュとインナーチューブ全体にはフォークオイルを軽く塗布してから、アウターチューブに真っ直ぐ入れます。

2008051906.jpg

フォークを逆さに立てたままシリンダーユニットとアウターチューブの穴が合ってるのを確認して、シリンダーユニット固定ボルトをレンチで入れて仮止めし、フォークを立ててインパクトで下から回します。

前回、両側から引っ張りながら回せば手でも回るかも・・って書きましたが、今回やってみたけどまず無理な感じでした。
ゼファー1100の場合、ハッキリ言ってインパクト無いと緩めも締めも出来ません。
もちろん、シリンダーユニット固定器具持ってればインパクトいりません。

2008051907.jpg

トップキャップを外しスペーサー、スプリングベース、スプリングを抜き取ります。
分解時と違ってオイルが入ってないから、手が汚れなくて写真撮るの楽だ~

さてここからガイドブッシュやオイルシールの打ち込みです。

スライドハンマーは買っても良かったんですが、よくネットで見る塩ビパイプ作戦で行ってみます。

ゼファーのインナーチューブは直径43mmです。
それよりすこし内径の大きい塩ビパイプを買ってきて、竹のように縦に3~4分割してビニールテープででも巻いて調整して使おうと思ってたら、近所のホームセンターで内径44mmの塩ビパイプを発見しました!

2008051908.jpg

これ間違いなくゼファー1100用っていうか43Φフォーク用ですよ!
ピッタリすぎ!
しかも350円。安っ!

下側のエッジを念のためサンディングして、あっという間に「フォークシール等打ち込み君1号」の完成です。


てことでまずはガイドブッシュの打ち込みです。
インナーチューブ全体とガイドブッシュ内側に、フォークオイルかシリコングリースを塗っておきます。
サービスマニュアルでは「新しいガイドブッシュの上に古いガイドブッシュを乗せて打ち込む」とありますが、私はさらにワッシャーを乗せて打ち込みました。
その方が上部の面積が広くなって打ち込みやすいのです。

2008051909.jpg

ガイドブッシュを通して・・・

2008051910.jpg

ワッシャーを乗せて、打つべし打つべし打つべし!

2008051911.jpg

完全に入ると音が変わりますので分かります。
完全に入るとこんな感じです。
撮影のためにワッシャーは上げてあります。
もう一度ワッシャーを入れて、ガイドブッシュとワッシャーまでは完了です。

次はオイルシールの打ち込みです。

オイルシールを上から入れるのですが、オイルシールにもフォークオイルかシリコングリースを塗っておきます。

2008051912.jpg

オイルシールの内側にスプリング入ってるのに気づいた!
外したオイルシールはサビサビでぜんぜん分からなかった・・・
このスプリングで常にインナーチューブを締め上げているんですね~

2008051913.jpg

インナーチューブの上端にビニールやサランラップを巻いて、オイルシール内側に傷が入るのを防ぎ新しいオイルシールを入れます。

2008051914.jpg

ちゃんとオイルかグリスを塗っておけばここまでは手ですんなり入ります。

2008051915.jpg

その上に同じくグリースを塗った古いオイルシールを入れます。
そして「フォークシール等打ち込み君1号」にてコツンコツン打ち込みます。

シール打ち込みに苦労する人もいるようですけど、きちんと濡れて・・・いやフォークオイル等を塗っていれば意外とすんなり挿入できます。

なんだか文章がいかがわしい感じがしますけど気のせいです。

打ち込んだら、古いオイルシールを持ち上げてみてリテーニングリングが入る溝が見えているか確認します。
見えてなければ打ち込みが足りません。

今回は塩ビパイプで打ってみたけど、均等に打ち込むことさえ気をつければドライバーとかみたいな棒とハンマーでいけそう。スライドハンマー買わなくてよかった・・・

2008051916.jpg

きちんと打ち込めたら、リテーニングリングをはめます。

2008051917.jpg

ここの錆がひどかったのでシリコングリースをたっぷりおごってみました。
シリコングリースはちょっと高いので私的にはかなり贅沢をした気分です。

ちなみに、ダストシール下のリテーニングリングが錆びるのは、正立フォークでは構造上仕方ないらしいです。
定期的にダストシール持ち上げて水分を拭いてグリスアップするしかないんだそうです。
今後は気をつけてみます。

2008051918.jpg

てことでダストシールをはめます。
ここまでこれば後はフォークオイル入れるだけです。

今回は完全分解なので、フォークオイルは片側556cc必要です。
つまり左右で1112ccと、なんとも中途半端な量です。
純正のフォークオイルは1L売りなので、2L買う必要があります。
純正以外なら違う単位で売っているメーカーもあります。

てことで探すと「KYB」が600ccボトルで売っていました。
純正より高いけど、2本で1200ccですので量的にはピッタリです。
しかもフォークスプリングもKYBだし、揃ってたほうが気分的にいいです。

しかしいろいろ調べると、KYBのG15は純正のG15より硬いようです。
もちろん私が分かるレベルではないでしょうけど、なんとなくG10とG15を1本ずつ買ってブレンドしてみることにしました。

2008051919.jpg

これを適当な容器で混ぜて、KYB G12.5 1200ccの完成です。

両方のフォークにオイルを全部入れます。
多い分は抜き取るので気にせず多めに入れてOKです。
インナーチューブをストロークさせて気泡を抜きます。
放置してはストロークを繰り返します。
ここはじっくりやりましょう。

2008051920.jpg

ちなみにKYBのフォークオイルは青いです。

そして去年フォークオイル交換時に作った「フォーク油面調節君1号」の出番です。
少し多めに入れたフォークオイルをこれで抜いて油面をピッタリ合わせるわけです。

ゼファー1100の規定油面は「フォーク最圧縮時にスプリング無しで119mm」です。
ゼファー1100RSは違いますので注意です。

2008051921.jpg

「フォーク油面調節君1号」の吸い込み口を119mmにセットして、真っ直ぐ立てたフォークに入れ余分なオイルを吸い出せば油面119mmの出来上がり。

「フォーク油面調節君1号」は、前回はアホな制作者のせいで活躍の写真を取り忘れられるという可哀想なツールだったので今回はきちんと写真撮ってやりました。

2008051922.jpg

トップキャップを仮締めして、念のため下のシリンダ固定ボルトからオイル漏れしてないのを確認後、ステムにクランプされる部分をきちんとパーツクリーナーで拭き上げてから車体に取り付け完了です。

フロント周辺は締め忘れるとマジで死ねるボルト・ナットがたくさんありますので、各部閉め忘れのないようにチェックします。
フォークのトップキャップの本締めやフォークのクランプはもちろん、キャリパーボルトやアクスルシャフトクランプ等にも注意ですね。

試走してみましたが特にオイル漏れ等も無くよく動いてくれます。
オイル粘度の変化は全然分かりませんでした。←ブレンドした意味無し

初めてフォークをバラしたけど、いくつかのポイントさえ抑えれば正立ダンパーロッド式なら私のような素人でも特に難しくない感じでした。
パーツさえ揃ってれば素人でも1日で終わると思います。
でも予備知識無しで挑戦すると、例のシリンダー固定ボルトは挫折の可能性ある感じです。
シリンダーユニット固定器具かインパクトは必須と感じました。
どちらも持って無い人は、今後も何かと役立つでしょうから安物でもインパクトを買ってもいいかもしれません。シリンダーユニット固定器具なんて他に使い道無いですから。


~おまけ~
写真無いんですが、Fブレーキパッドの厚みが1mm以下になっていたので南海でブレーキパッド買ってきて交換しました。
デイトナのゴールデンパッドにしたのですが、これはちょっと感動しました。
効きはもろん強力です。しかし感動したのはそこではなくて制動力の立ち上がり方です。
前のパッド(メーカー忘れた・・・)は握り初めから「グッ」と効いたのですが、デイトナのゴールデンパッドは立ち上がりが「まろやか~」で、握りこむに従って「グォッ」と制動力が増していきます。そして最終的な効きは前のよりも強力です。
マスター交換したわけでもないのにここまでコントローラブルになるとは不思議!!ブレーキングがすごく楽しい~!!
もちろんもっと高くていいパッドはいくらでもあるんだろうけど、価格的にもシンタードメタルパッドにしては安いし気に入りました。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

2008/05/20 22:45 | バイク ゼファー1100 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top ▲
<<フロントフォークオイルシール交換+α(分解編) | ホーム | バーハンに戻してみる>>
コメント
syaro
無事に組み上がった様ですね。お疲れ様でした。インパクトは必須みたいですね。私は持ってません・・・。丁度良いスライドハンマーがあって良かったですね~。まさに43Φフォーク用って感じですね(笑)
今回は正統派ブレンドなんですね。私も予備のフォークO/Hする際は『フォーク油面調節君1号』是非貸して頂きたいなぁ~。
なんにせよ作業&レポお疲れ様でした~。^^
[ 2008/05/21 17:43 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>syaroさん
「今回はサラダオイル(健康エコナ)混ぜた!」くらいのネタのほうが良かった気もしますが、期待に逆らって100%フォークオイルっす(笑)
「フォーク油面調節君1号」でもインパクトでも使うときは遠慮なく連絡ください。「フォークシール等打ち込み君1号」はサイズが合わないんで無理ですが。
ていうか、予備のフォーク持ってるってすごいっすね~
良いパーツだけ選別して2コ1フォーク出来ますね。
[ 2008/05/22 10:23 ] [ URL ] [ 編集 ]
しげき
オイルシール交換、無事終了できました!
苦労したところは、やはり最下部のボルトが
インパクトでも空回りしてしてしまった事です・・
しょうがないから 鉄筋棒の先に三角錐の金属片を溶接して中から押さえつけてやっと取れました。組立分解の手順は写真付スーパー解説でスムースに完了。。悲しいオイル垂れから開放されて気分最高です!
余談ですがアクセルワイヤーの交換にもチャレンジしたのですが、キャブ側のワイヤー固定に大苦戦!最後は割りばしで何とか引っ掛けました・・。
タイヤ交換もついでにBT-020に取替え。
45000円もしてビックリでした・・。
ゼファーの事で、またつまずいたら相談に乗ってください!
お世話になりました。。
[ 2008/10/27 22:46 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>しげきさん
終わりましたか~。おつかれさまでした!

シリンダーユニット固定ボルトがインパクトでも空回りしましたか?
バイク屋さんも「インパクトなら取れるよ」って言ってたので、インパクトなら間違いなく取れるとばかり思ってました・・・。
でも自作ツールで即対応とか流石です!

そしてスロットルワイヤーにタイヤにと、リフレッシュが進んでますね~
スロットルワイヤーのキャブ側は私も苦手です。
特に引き側のワイヤー取り付けは発狂寸前になります(笑)

私もそんなに詳しくないんで毎度四苦八苦しながらですけど、分かることならお答えしますので今後ともよろしくです。
[ 2008/10/28 11:54 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/55-75879603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。