--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2008/05/08 フロントフォークオイルシール交換+α(分解編)
先日報告したとおり、掃除中にフォークからのオイル漏れを発見しました。

自分で直すかバイク屋さんに頼むか・・・

まずフロントフォーク(ゼファー1100は正立のダンパーロッド式)をオーバーホールするには素人ではいくつかの作業で問題があります。

まず一つは、シリンダーユニットをボトムケースに固定しているボルト(10mm六角)の脱着
これはボトムケースの下側から回すわけですけど、内部のシリンダーユニットと一緒に供回りしてしまうため、通常はインパクトで回すか特殊工具を上から突っ込んでシリンダーユニットを固定して回す事になります。しかもめちゃくちゃ硬いらしい。

もう一つは、ガイドブッシュやオイルシールの打ち込み
これは基本的にはスライドハンマーみたいな特殊工具で均等に打ち込む必要があります。
フォーク用のこの特殊なハンマーは、ASTROやストレートで4000~5000円くらいです。

最初は時間も無いし特工持ってないしで、バイク屋さんにフォーク持ち込もうと思ってたんですが、ネットで見ていると色々工夫して自作パーツ等でやっている人も多い・・・
見てるとムラムラ・・・いやウズウズしてきてしまいもうたまりません。

時間は早起きするなりしてどうにかすればいいとして、まずはシリンダーユニット固定ボルトが外せるかどうかで、自分でやるかやらないか決めてみることにしました。
外せなければそのままショップ行きです。

てことで作業開始です・・・
フロントフォークを外すところまでは省略します。
サービスマニュアルを見るなどして頑張ってください。
(1)トップ側のクランプを先に緩めてトップキャップをちょっと緩めておく
(2)アンダーのクランプを緩めるときはフォークが落ちないように片手でフォークを持っておく
くらいを気をつければ特に難しくはありません。

今回は外してからが本番です。

2008050701.jpg

ダストシールをドライバー等で持ち上げて外します。
インナーチューブに傷を付けないように注意です。

2008050702.jpg

写真はオイル漏れした右側です。
サビとオイルでデロデロです。
左側もオイル付いてないだけでサビサビなのは同じです。
たまには開けてシリコングリスでも入れといたほうがいいかもです。

2008050703.jpg

同じくマイナスドライバー等でオイルシールを止めているリテーニングリングも外しますが、この時もインナーチューブに傷を付けないように慎重に。
それにしてもサビが酷いです。

そしてここからが私たち素人には一番の難関「シリンダーユニット固定ボルト外し」です。

2008050704.jpg

これがシリンダーユニットをボトムケースに固定しているボルトです。
こいつがネジロック入りでめちゃくちゃ硬いうえに、緩み始めるとシリンダーユニットと共回りするというなんとも憎々しいやつです。

本来は専用工具でシリンダーユニットを上から抑えつけてから回しますが、もちろんそんなの持ってません。
それを使わないならインパクトで回せばいいんですが、このボルトは舐めたり折ったりするとかなり悲惨な場所なので、素人の私は極力インパクトは使いたくないです。
しかも私の持ってるインパクトは安物電動インパクトしかありません。たしか最大トルクは90N・m(約9キロ)くらい。最初からこれで緩むとは思えません。

スプリングのテンションがかかっていたほうが空回りしづらいみたいなので、まだトップキャップは開けません。
まずは固定ボルトにCRCを吹いて1時間ほど放置しました。

これを10mmの六角ソケットで外します。
L字六角レンチ+鉄パイプでもいいかもしれませんが、かなりの難作業となると思います。しかもインパクトの出番になった場合は六角ソケットが絶対必要ですので、無い人はこれを機会に六角ソケットを揃えておいたほうがいいかもです。

2008050705.jpg

幸いにもゼファー1100のこのシリンダーユニット固定ボルトは、ボトムの穴が大きいため普通の六角ソケットが届きます。
もしこの穴が狭い車種の場合は、ロングタイプのソケットを買うしかありませんね。

とりあえず地面に何か敷いて作業します。
私は古着はウエス等のために全て取っておいてます。
今回はジーンズの長さがちょうど良かったので古ジーンズ上で作業です。

てことで、まずは手で回してみました。
予想通り全く歯が立ちません。

2008050706.jpg

手で回らなければ足です。
キャリパーブラケットの穴に、回り止めとしていらないドライバーを突っ込みます。
写真ではラチェットのハンドルが向こう向いてますが、ラチェットを手前に向けて左足でアウターチューブを抑え、右足でラチェットを「エイヤ!」と踏みます。かけ声は自由です。

「ギコッ!」

やったー!!!
緩みました。
抜き取りましょう。
インナーチューブを片手で押さえて回しました。

「グリッ・・グリッ・・グリッ・・???」

回せど回せど緩んできません・・・
やっぱり噂通り内部のシリンダーユニットといっしょに空回りしているみたいです。

てことで安物電動インパクトの出番です。
インナーチューブを押さえてインパクトを底から当てます。

「ズダダダダ・・ギュルルル~・・・スルッ、ドボドボ~」

2008050707.jpg

外れた~!!!
最後の擬音は何かって?

横向けたままいきなりボルトが抜けたので、まだ抜いてないオイルが流出しました。

2008050708.jpg

赤いので下のジーンズが血みどろジーンズみたいです。

ガスケットのワッシャーも入っているので一緒に取ります。
そのまま下の穴からオイルを抜きました。

2008050709.jpg

トップキャップを開けます。
私の場合はトップキャップ=フォーク延長キットですので厚いですが、ノーマルは5mmくらいの厚みの蓋です。
写真のようにラチェットのヘッドを押さえてまわします。
すると「ポンッ!」っとキャップが飛び出ます。

キャップが外れたら、残ったオイルと、スペーサー、スプリングプレート、スプリング、シリンダーユニットを抜き取ります。
下を向ければ全て落ちてきます。

もう一本も同じ感じで取れました。
取れたので全部自分でやるのが決定した瞬間でもあります。

私はスプリングのテンションがあったほうが空回りしないかな?
と考えてトップキャップを開けないで作業しましたが、結局空回りしました。
ですので次回やる場合は、先にオイルやスプリングを抜いてから誰かにインナーチューブを引っ張ってもらいながら、シリンダーユニット固定ボルトを外すようにしてみます。
引っ張り合いながら回すとインパクト無くても固定ボルトが回せるらしいです。
でも念のために電動でもインパクトはあったほうがいいでしょうね。

話がそれましたが、ついにインナーとアウターの分離です。
どうやるかというと、

力任せにガツンガツン引っ張るだけです。
遠慮してはいけません。

もちろんオイルシール上のリテーニングリングを外していないと何度ガツンガツン引っ張っても抜けません。絶対に忘れないように。

これはインナーチューブを抜くというよりは、インナーチューブをスライドハンマーのようにして「オイルシール+ワッシャ+ガイドブッシュ」を叩き出しているって感じです。

上から見てるとオイルシールがせり上がって来ますので、アウターチューブのフチまでせり上がってきたら、若干軽めに「コツンコツン」と叩き出します。
最後まで思いっきり「ガツンガツン」と引っ張ってると、急にスポーンと抜けて残ったオイルをまき散らすことになります。もちろん私は1本目は飛び散りました。

2008050710.jpg

抜けました。
いろんな物がインナーチューブにくっついて抜けてきますが、写真で赤文字はインナーチューブと一緒に動くもの。青文字はアウターチューブと一緒に動くものです。

アウターチューブの底にあったシリンダーベースも取り出します。逆さにすればコロッと落ちてきます。これは上下の向きがあるので注意です。

2008050711.jpg

片側だけですけどこんな感じです。

以下主要な物だけピックアップです。

2008050712.jpg

ダストシール
見た感じはさほど傷んでいるように見えませんが、ダストシール下のサビ具合からいって機能を果たしているとは思えませんので交換します。
92093-1330(×2個)

2008050713.jpg

リテーニングリング
これがダストシール下でオイルシール以下の物を押さえています。
サビサビですので交換します。
92033-1077(×2個)

2008050714.jpg

オイルシール
これが今回の作業の原因です。
破けているようには見えないのですが、アウターチューブに流れるほど漏れてきます。
もちろん交換。
92049-1392(×2個)

2008050715.jpg

オイルシールとガイドブッシュの間のワッシャ
特に問題ありませんので交換はしません。
よほどのことがなければ交換しなくても大丈夫そうです。

2008050716.jpg

ガイドブッシュ(アウターブッシュとかスライドメタルとか呼び方は色々)
これはアウターチューブに固定されています。
ですので内側にテフロン加工がされていてインナーチューブと擦れ合います。
新品と比べてみないと分かりませんが問題なさそう。でもめったに開けないので交換します。
サービスマニュアルでも分解時は交換推奨です。
92028-1581(×2個)

2008050717.jpg

スライドブッシュ(インナーブッシュとかスライドメタルとか呼び方は色々)
これはインナーチューブに固定されています。
ですのでガイドブッシュとは逆に、外側にテフロン加工がされていてアウターチューブと擦れ合います。
ガイドブッシュと同じく新品と比べてみないと分かりませんが問題なさそうです。でもめったに開けないので交換します。
サービスマニュアルでも分解時は交換推奨です。
44018-1056(×2個)

2008050718.jpg

シリンダーユニット
外すとビックリするほどシンプルです。
もちろんそのまま使います。

2008050719.jpg

シリンダーユニットベース
シリンダーユニットのただの土台・・・だと思います。
上下向きあります。
これも問題ないので再利用です。

2008050720.jpg

インナーチューブ・アウターチューブ(ボトムケース)
本来はインナーチューブは曲がり計測したほうがいいんでしょうけど、もちろん私はゲージを持ってないので計測できません。
組んだ状態でスイスイ動くならまあ大丈夫だと思います。

2008050721.jpg

シールワッシャ
  シリンダーユニット固定ボルト
例のシリンダーユニット固定ボルトとシールワッシャです。
ボルトは問題ないのでそのまま使います。
ワッシャは外したら基本的に交換です。
11009-1553(×2個)


交換すると書いた物(パーツナンバーを書いた物)は、滅多にばらさない人は変えておいたほうがいいと思います。
パーツナンバーは参考です。年式によって違ったり私が書き間違っている場合もあるので、このページからメモって注文しないでね。
ちなみにこれらのパーツだけで7000円ほどになります。
フォークオイル入れると1万円前後になります。

パーツはGW入ってから注文したのでまだ届いてません。
その間、再利用するものは徹底的にパーツクリーナー等で掃除しておきます。

組むの楽しみ~♪

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

2008/05/08 01:35 | バイク ゼファー1100 | コメント(13) | トラックバック(0) | page top ▲
<<漏れとる・・・ | ホーム | フロントフォークオイルシール交換+α(組立編)>>
コメント
syaro
すごい! 
分解まで終わった様ですね。記事もとても分かりやすく今後の参考になりますよ~

パーツ届き次第組立てですね。力や人手が必要な時は気軽に声掛けて下さいね。飛んでいきますヨ。

今回もやはりフォークオイルはブレンドですかね~?(笑)
[ 2008/05/08 13:38 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
な、なんで分かったんすか~??
今回もブレンドっす。
でも前回みたいにエンジンオイルではないですけど(笑)

常に手がオイルだらけなので写真撮るの大変でした。
参考になったようで、苦労して撮影した甲斐がありましたよ~

組むのはたぶん一人で大丈夫かな~?
人手がいるときはマジでお願いします(笑)
[ 2008/05/08 20:30 ] [ URL ] [ 編集 ]
風追い人
ほんとすごい。
あの作業をよく一人でしようと決意されました。感服いたします。

私も出来る範囲で整備しながらバイクになじんでいこうかなと思います。


[ 2008/05/14 23:30 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>風追い人さん
サービスマニュアルだけだと淡々と書いててちょっと厳しいですけど、今はいろんなサイトでコツとかの情報が見れるんで意外と簡単でした。
明日か明後日組み上げます。

自分で手をかけてやるのは面白いですよ~。
でも、どこまで自分でやるかはケースバイケースですけど。
全部自分でやってたら乗る時間なくなっちゃいますので(笑)
[ 2008/05/16 12:03 ] [ URL ] [ 編集 ]
じゅん
おーやってるね。
やっぱりインパクトあると便利だね。
ここまでやれればたいしたもんだ。頼れるパパだね。KLXにトライアルタイヤ履くか迷ってるじゅんでした。
[ 2008/05/16 18:02 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
お、じゅん君ここでは初めてだね。

やっぱりインパクトは電動でもあると便利だね~
昨日組んだんで早めにアップするね。
[ 2008/05/18 05:03 ] [ URL ] [ 編集 ]
しげき
とても参考になりました!!
以前は底ボルトが外せず、オイルシールをスクリュウ・ビスで四隅持ち上げる方法で外しました。
それと二つ質問いいでしょうか!
オイルの油面寸法ですが、スプリングを抜いた状態で計るのでしょうか・・?
シール打ち込み用のパイプはどんなサイズを使用したのですか・・?ビニルのやつを探してみたのですが・・
[ 2008/09/23 22:31 ] [ URL ] [ 編集 ]
しげき
ごご面なさい!!
組み立て編に超詳しく書いてくれてるじゃありませんかー!!
失礼しました!!
キヲトさんに出会えてよかった~。。
[ 2008/09/23 22:37 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>しげきさん
どうもこんにちは!はじめまして。
参考になりました?
実は私もいろんなサイトを参考にやってます(笑)

オイルシールは無理やり上から引っ張って破壊しながら外す方法もあるとは聞いてましたが・・・前回やったんですね?(^^;)
あの底のボルトは本当に忌々しいやつですよね~
本文にも書きましたが、パイプは内径43~44mmのものが手に入らなければ、近いサイズのものを縦に割ってビニールテープでぐるぐる巻きでも大丈夫と思います。
それにしても2度目の修理ですか?
前回との間隔は結構空いてます?あまりに近いとインナーチューブにキズやサビがあったりしそうなので・・・

何はともあれ頑張ってくださいね!
私で分かることならお答えしますので遠慮なくコメントください。
今後ともよろしくです~
[ 2008/09/24 00:07 ] [ URL ] [ 編集 ]
しげき
パーツを注文しました~。。
前回はマニュアル無しでの作業でした・・
底ボルトはインパクトで外せたなんて・・
シールを引っ張りあげる時、小さな傷を付けていた様です。一ヶ月でオイル吹き出ました・・
1000番のペーパーを買い、ツルツルしてから組み付けます!
一つ質問してもいいでしょうか・・
私のエンジンは何故か水分が多く入ってしまいます・・
オイルを入れる所のキャップにも白いクリームがべっちょり。結露かガソリンなのか分かりません。そこらの車両で確認しても覗き窓が白く曇ってるなんて見たことありません。10年悩んでいます・・スズキの750E4の時はそんな事なかったのですが・・
[ 2008/10/03 19:28 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>しげきさん
パーツ注文までいきましたか~
組み上げ頑張ってくださいね。

>シールを引っ張りあげる時、小さな傷を付けていた様です。
インナーチューブに傷あるんですか?!
すごく小さければペーパーでも大丈夫と思いますけど・・・
もしまたオイル吹くようでしたら、専門のところで再メッキ等を検討したほうがいいかもです。
とりあえずペーパーは慎重にかけてくださいね~

>私のエンジンは何故か水分が多く入ってしまいます・・
>オイルを入れる所のキャップにも白いクリームがべっちょり。

私もなりますよ~
夏以外はちょい乗りだとオイル窓が真っ白になります。
結露の水分がオイルに混入してるので間違いないと思います。
エアクリーナーボックス撤去後は悪化しました。
もう慣れちゃって気にしてません(^^;)
オイル交換をきちんと定期的にやってればたぶん大丈夫と思います。
でもあまりにひどい場合はバイク屋さんに見てだけもらったほうがいいかもです。

ガソリン混入だとたぶんクリーム状にはならず、オイルが増えて希釈されていきます。これは手を打たないとヤバイと思いますけど、不自然に増えてはいないですよね?
[ 2008/10/05 18:22 ] [ URL ] [ 編集 ]
しげき
返答ありがとうございます!
キヲトさんのゼファーも結露するんですね・・。
確かに通勤往復20キロではキンキンになるまで暖まらないし・・。Zの神様(北見のお爺さん)も、おめー池にでも落ちたのか?なんて言ってただけでした。マメにオイルを替えますね!
今日は会社帰りにホームセンターでビニルパイプを買ってきました。ほんとに44φのやつがありました!あ~早くやりたい・・打つべし打つべし!
インナーチューブの傷はペーパーで優しくこすってみましたら殆どわからなくなりました。取りあえず今回は再利用してみます!
今月はリコールのクラッチ、タイヤ、メーターケーブル切れ、アクセルワイヤーのゴリゴリ、マフラー艶出し、ブレーキパット交換などをこの際がんばってやってみます。
返答ありがとうございました!
[ 2008/10/06 19:22 ] [ URL ] [ 編集 ]
-
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/28 07:33 ] [ ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/54-54041578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。