--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2006/12/17 チェーン&スプロケット交換
注油して引いてもチェーンがガタガタ波うってきてるので、前後スプロケットと共に交換することにしました。ちなみに55,000㎞無交換。ゼファー1100の馬力には530サイズのシールチェーンは余裕があるみたいで、ちゃんとメンテしてれば意外と長持ちします。
でもさすがにそろそろ限界。

今回は、特殊工具無しでEK(江沼)チェーンのスクリュージョイントにチャレンジしてみたので、その辺のことを書いてみます。
カシメ器具などの特殊工具無い人は参考にどうぞ。
まずはネットショップやヤフオクを駆使して、以下の物を揃えました。もちろん全て新品。

m20061217_01m.jpg

●EKチェーン 530ZVX2(ゴールド) 114Lカット済
 ジョイントは「スクリュージョイント」を選択
●フロント(ドライブ)スプロケット
 SUNSTAR(スチール 16丁)
●リア(ドリブン)スプロケット
 ステルス(アルミ+スチール 45丁)

重要部分なのでサービスマニュアルもあったほうがいいです。自分のは借り物だけど(買えよ)
また、基本的にはフロントスプロケのロックワッシャも交換したほうがいいです。私は違うところ曲げて再利用しましたが交換の方が安心です。
リアのケンソーステルススプロケットは、アルミスプロケットの歯だけスチールにして、耐久性もアップした優れものらしいが、ノーマルスチールよりちょっと軽い程度。私などが体感できる物ではありません。でもいいや見た目で選んだだけだし

今回はスプロケも交換なのでリアタイヤも外さなければならないけど、まずはタイヤを付けたままフロントとリアのスプロケットのボルト類をちょっとゆるめておきます。先にゆるめないとフロントのスプロケットはインパクト無いとゆるめられません。

特殊工具は必要ないけど、フロントのスプロケのナットを測ったら27mmもあった。
そんなサイズ持ってないのでKTCのソケットを購入。1,000円くらいだったかな?
他では使わないと思うのでKTCはもったいないけど、近くのホームセンターの安い無名品ではそのサイズを見つけられなかった。

m20061217_02m.jpg

スピナハンドルは車のタイヤ交換で使ってる長いやつ。これくらい長いとスプロケのボルトなど敵ではないです。
スイングアームとホイールに、木の棒でもつっこんでタイヤをロックすると楽ちん。スポークホイールだったらブレーキ踏んで回せばOKだと思う。

m20061217_03m.jpg

スプロケのボルトがゆるんでしまえば、もう古チェーンとはおさらば。ノーマルはエンドレスなのでどこで切ってもOK
グラインダーでピンの頭を容赦なく削ったら、いらないボルトでも当ててプラハンでピンを叩き出します。ちなみにゼファー1100のノーマルチェーンもEKです。

写真は削りすぎ。こんなに削る必要は無いです。
チェーンは堅いだろうと結構強いディスクを使ったら、えらい勢いで削れちゃいました。
タイヤを外してスプロケの交換をしたら、再びタイヤを取り付けてチェーンの取り付けにかかります。
最初から必要コマ数にカット済みで売っているところで買ったので、コマ数を調整する手間がありません。
チェーンカッター無い人はカット済みを買いましょう。まあグラインダーでぶったぎってもいいんだけどね。
ちなみにゼファー1100は114です。
新品はルブで真っ白なので、余ってたエンジンオイルで事前に拭いておきました。
この拭き取りが甘いと、エッチな感じに白い液体が飛び散ります。もちろん適当に拭いた私のチェーン周りもかなりいかがわしい感じになりました。

m20061217_04m.jpg

で、今回の目玉のEK(江沼)チェーンの「スクリュージョイント」です。
通常のカシメともクリップとも違うEKオリジナルジョイント。カシメ工具無しでもジョイント出来ます。
クリップタイプもカシメ工具はいらないけど、あれは基本的にビッグバイクにはダメなので、工具が無い人は「スクリュージョイント」を選びましょう。

m20061217_05m.jpg

ジョイントに付属のオイルを塗布して(たぶん私は塗りすぎ)、Xリング(Oリングの進化版みたいな物)を取り付けます。

m20061217_06m.jpg

チェーンに通して、逆側のXリングとプレートを通します。プレートの表裏に注意。刻印が外側。
ちなみにカシメはリアスプロケットの上でやりましょう。

m20061217_07m.jpg

付属のボルトを手で回らなくなるまで入れます。
次に8mmレンチで60°ずつ交互に(←たぶんここ重要)回して圧入していきます。
前後のコマと同幅くらいまで締めこんだら、ボルトを緩めてゴムのリングをはめる溝が見えているか確認。

溝まで回したら、ボルトを外しゴムのリングをはめて不要部分をプライヤーで折ります。

m20061217_08m.jpg

このゴムリングで押さえてる訳ではないです。これはカシメ具合の確認用みたいです。

通常のカシメよりも若干高さがありますが、どこかに干渉するほど高くはないと思います。
ノギスで測ったら、プレートより3.5mmくらいでした。ご参考までに。
その後、リアタイヤをロックしてスプロケを本締めして終了です。しばらくは走る度、チェーンの初期伸びの様子を見ます。

今回購入した工具は、KTCの27mmのソケットだけ。専用工具無しでも十分簡単にできました。

さすがに5万キロ以上も無交換だったので、走ってみたら気持ち悪いほど滑らかで感激!
みなさんもレッツ交換。
2006/12/17 00:00 | バイク ゼファー1100 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top ▲
<<WITH THE WIND 個人企画  「相馬方面ツー」 | ホーム | クラッチ修理>>
コメント
風追い人
こんばんは。

今日、我が愛車のチェーンの清掃をしていました。
ふと、これどうやって交換するんかな?と思いネットを検索すると・・・
キヲトさんの報告を発見しました(笑)

まだ、交換が必要な状態ではないのですが、これからも色々と参考にさせてもらいます。

[ 2008/05/25 21:10 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
昔のサイトは全然検索に引っかからなかったんですけど、FC2にしてから結構ヒットするようになったんですよ。でも未だに旧サイトの情報がひっかかったりもするんですが・・・

ノーマルチェーンはエンドレスなので最初???ってなりますよね。
切らずに丸洗いするならスイングアーム外すしかないんですけど、交換なら容赦なく切断で(笑)

知ってるかもしれませんが、チェーンメンテは走行直後のほうがチェーンが暖まってるんで汚れ落ちますよ~
[ 2008/05/26 09:57 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/5-a23a2ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。