--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2008/03/04 バッテリー交換
この冬セルの回りが元気ありません。冬なんだから当然なんだけど去年までよりひどいです。

そんなある寒い日、弱いバッテリーで2,3度始動に失敗→セルが速攻で元気なくなったので時間置いて再トライ→やっぱり元気ない。つーかプラグかぶっちゃった(´・ω・`)・・・
かぶったので車からバッテリージャンプさせてもかからない。最初からジャンプさせればよかった・・・

プラグを8本全部抜いてみたらビショビショ・・拭いたり炙ったりしてなんとか復活しました。
しかしそんな事よりも、車からジャンプさせたときのセルの勢いにいたく感動した!

ゼファー1100が私のもとに来てから一度もバッテリーは交換したことがありません。たぶん6年くらいは使ってます。とっくにメーカー推奨の交換時期はすぎてますね。安心のためにもバッテリー変えることにしました。
バッテリーバッテリー言ってるとメタリカの「バッテリー」が頭の中に流れてくる私はもうおっさんですね。
2008030401.jpg

てことで買いました。ACデルコの「DTX16-BS」です。
これは今付いてる純正の古河バッテリー「FTH16-BS」と互換です。

古河でもGSユアサでもデルコでも何でもよかったんですが、なんとなく現在のと違うのを付けてみたかったのと、古河よりちょっと安かったのでデルコにしました。GSユアサには現在「FTH16-BS」と互換するバッテリーは無いですね。サイズ的にはいけるぽいやつはあるけど。

2008030402.jpg

まずは電解液(希硫酸)を入れます。取扱注意ですね。
逆さに差し込んで入れます。私のは左の2つだけ入るのが遅かったです。軽くトントン叩いたりして入れました。
20分くらい放置して液が全部入ってるのを確認してふたを閉めます。液がすぐに入ったとしても反応を待つため20分待たないとダメみたいです。
ふたを閉めるときは、まっすぐ均等にプラハン等でちょっとずつ叩き入れます。これで密封になりますので、ふたが斜めにならないように注意です。

それと液注入中はなんとかガス・・・何だっけ? まあとにかく人体に良くないガスが出るので外が安全です。
ACデルコはアメリカのメーカーですが本体の生産国は「」でなにかと話題のC国です。しかし人体に良くないガスが出るのはそのせいではありませんからね。国産品でも同じです。

初期充電すると寿命が延びるとか延びないとか・・・

私はよく分かりませんけど、師匠じゅん君もやったほうがいいと言っていたのでやることにしました。

でも充電器など持ってないのでじゅん君に預けてやってもらいました。
初期充電は急速充電ではなく、数時間~10時間くらいかけてゆっくり充電出来るものでやります。バイクに直接乗せても走れますが、バイクのジェネレーターはそこそこ急速に充電するので最初は良くないらしいです。
この辺は完全に受け売りです。私は良く分かりません。
この辺を突っ込まれると私は心を閉ざしてしまいますので突っ込まないでください。


んで、充電終了したので交換に入ります。
じゅん君がわざわざ家まで届けてくれました。いつもありがとうです。

2008030403.jpg

キモッ!
前から気づいてましたが(-)ターミナルがすごいことになってます。この粉はよく見ますが寿命がきてるとなるぽいです。
もし新しくても猛烈に粉を吹いていたらバッテリーや充電系要チェックですね。
私のは間違いなく使いすぎです。とっとと外しましょう。
両方の端子とも錆取りして、防錆のため接点用のスプレーを吹いておきました。

車種によってはバッテリーを取り外すのがかなり面倒な物もありますが、ゼファー1100はシート外せばいいだけなので超簡単です。

2008030404.jpg

外すときは(-)から外します。
(+)から外してどっかにショートさせると大変ですから。

取り付けは逆に(+)を取り付けた後に(-)を付けます。

てことでさっそくエンジン始動!
おお!セルの勢いがスゲー!!!
「キュッキュッキュッキュッ」から「キョキョキョキョ」になった。
もちろんかぶることもなく始動OK。

本体に白いペンで交換日時を書いておきました。
有休取った日だったので平日です。

2008030405.jpg

でかく書きすぎました。
小心者なのに。

このあと思い出して距離も書いておきました。小さめに。

走ってどうこうってのはあまりありませんが、セルの勢いは全然変わりました。
これはACDelcoが古河より高性能とかそういう事ではなく、単に前のバッテリーがかなり弱っていたって事でしょう。

それとアイドリングの音が心なしか太くなった気がします。
でも気のせいかもしれません。

MF(メンテナンスフリー)バッテリーは急死するって聞くので使えてればOKと思ってたけど、セルの激変ぶりからすると徐々に弱ってきてたみたいですね。
交換は距離や年数で決めた方がいいですね。
2008/03/04 09:52 | バイク ゼファー1100 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top ▲
<<タコメーター故障・後編(LED化) | ホーム | ブログ開設しました>>
コメント
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/37-51ae25a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。