--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2006/05/03 チャンバー割れ部分溶接&耐熱塗装
割れた状態の写真が無いんですが、チャンバーのフランジ側の合わせ目部分が、気付いたらバックリ割れてました。
コケたせいなのか振動のせいなのか分かりませんが、排気ガスがプスンプスンと抜けている状態です。
早急に直さなければいけなかったのですが、耐火パテでごまかしながらヤフオクで色々と物色していました。
そんなある日、ジュンくん・トモさん・ハチヤさんと林道を走った時に、この事を相談したら、じゅんくんちの溶接機でハチヤさんに直してもらえることに!
写真撮影:WIWIのトモさん

まずは、トモさんにチャンバー内のカーボンを焼いてたたき出してもらい(これがまた大量!)、ワイヤーブラシで荒くサビ落としをします。

m20060503_01m.jpg

そして溶接機の登場です。ハチヤさんの腕が鳴ります。
じゅんくんちはかなりの工具や機械が揃ってるので、車・バイクで10年以上お世話になりまくりです。

m20060503_02m.jpg

この通り美しく塞がれました。
ハチヤさんは「うーん、仕上がりがイマイチ」って言ってましたが、全然バッチリですよ!
それよりもサビがやばいです。

m20060503_03m.jpg

後日、家でさらにサビを落として耐熱ペイントで塗装しました。
しかしサビが凄すぎて落としきれなかったので、たぶんまた浮いてくるでしょうね・・・

2ストオフ車は、チャンバーの雰囲気でイメージがガラリと変わりますね。
サビサビだったのが、真っ黒になったらこんなに引き締まりました。

m20060503_04m.jpg

ついでに、剥がれていたチャンバーのダンパーも新品に交換。

詳しい人が集まると、私は何もやる事がありませんでした(^^;
じゅんくん、トモさん、ハチヤさん、ありがとうございました。
2006/05/03 00:00 | バイク KDX125SR | コメント(0) | トラックバック(0) | page top ▲
<<倒立フォークカバー交換 | ホーム | クラッチワイヤー交換>>
コメント
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/17-cd4d679f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。