--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2010/04/13 フォーク&ステム周りのリフレッシュ - ステムベアリング交換編 -
やっと終わりましたので、ステムベアリング交換編としてバラす所からまとめます。

最初に言っておくと、バラす前にステムに違和感とか不具合は全くありません。(所詮私の感覚ですが・・)
今回交換したのは、ステムを磨いて再塗装する為だけです。
上はいいとしても、下側ベアリングはステムシャフトに圧入されているので、外したら交換です。
だったら全部交換しちゃえって事で、全て交換してます。

バラし始めてからなんと3ヶ月!
はっきり言ってそんなにかかる作業じゃありません。
やる暇が無かったのと、磨いた後に塗装するのを待ったせいでこんなにかかっちゃいました。

ベアリング&レース交換だけなら、素人でも用具さえ揃ってれば2日以内で出来ると思います。
レース抜き取り&打ち込み、ベアリング抜き取り&打ち込みが鬼門です。
私はSST持ってないので、貫通ドライバーとかタイヤレバー(!)とかが大活躍な作業になりました。

では作業レポです・・・
まずはバラしですが、3ヶ月近くも前の事なので詳細は忘れました(笑)

って言うか正確に覚えてても、ステム周りはヘッドライトやメーターやブレーキ周りなど、かなりの部品を完全に外すので書いていられません。
ていうか書かなくても、その辺は見ればなんとなく分かる物ばかりです。

なのでトップブリッジ外すところから書きます。

2010041201.jpg

まずはサビサビのステムキャップボルトを外します。
そこそこ硬く締まってますが、ジャッキアップ前に緩めておけばすぐ外れます。

32mmだけど!

でけーよ・・・
またもやストレート仙台店に直行です・・・
最近は安いストレートやアストロ無しでは生きていけません。

こいつはサビが酷いので、今回社外品に交換します。

2010041202.jpg

ワッシャも外す。
こいつは組み付けるとき忘れそうになりますので注意です。

2010041203.jpg

はい!
やっとトップブリッジ分離しました。

2010041204.jpg  2010041205.jpg

ダブルがけのステムロックナット。
フックレンチで一つずつ外します。

2010041206.jpg

次に被せてあるシールを外せば、やっと上側ベアリングとご対面!
ロックナット外したのになぜステムが落下しないかというと

2010041207.jpg

このOリングが入ってるからです。
ピックアップツール等でほじくり出します。
外したとたんに勢いよくステムが落下するので、必ず手を添えます。

2010041208.jpg  2010041209.jpg

上下ベアリング。
汚いけど、まあ特に問題は無い感じです。
それにしてもステムのサビがひどい状態ですね。

2010041210.jpg  2010041211.jpg

上下のレース。
よく分からないけど、ちょっと跡がついてるかな??
まあ交換するんでどうでもいいです。

それよりも、フレームのキズがスゴイ。
前にも相当苦労して抜いてますね。
これは大変そうだ・・・

2010041212.jpg

下側のシールとベアリングの隙間を狙って、タガネや貫通ドライバーをとっかえひっかえ隙間を空けていきます。
「ステムにキズが・・・」って人は素直にSST買いましょう。

2010041213.jpg

しかしベアリングの内輪が見えづらいので、すでに外輪はぶっ叩いて破壊してます。
内輪が見えてしまえば、あとはコツコツ均等に叩くだけで簡単に外れます。

2010041214.jpg

ちなみに、いつもメンテ時に座ってたホームセンターの安物椅子が作業台としてピッタリ。
こういった土台がなにげに重要。

2010041215.jpg

そして問題の上下ベアリングレース。
上側は問題有りません。
フレームとの段差を狙って、下から真っ直ぐなマイナス貫通ドライバーで叩けます。
とは言ってもかなり硬いです。均等にコツコツ頑張ってなんとか外れました。

2010041216.jpg

問題はこっち!
下側のレース。
フレームの穴は下側が広くなっていて、その先端にはまっているんです。
段差はあるんですが、上側がせまいのでまっすぐな貫通ドライバーではその段差にひっかかりません。

さて・・・どうしましょう。
先端がバールのようにカーブしていて丈夫な棒は無いものか・・・と、物置を物色。

2010041217.jpg

これだ!
タイヤレバー!
私はタイヤ交換ではスプーン状のタイヤレバーを使ってるんですが(参考)、昔初めてKDXのタイヤをひっぺがした時にレバーは3本あった方が楽らしいと聞いて買ってたものの、結局2本で事足りてしまい、一度も使われる事なく物置で眠っていた安物レバー。

こいつをグラインダーで削ってはレースにあてて、削ってはレースにあてて・・・
を繰り返して、最良の形状を探して

2010041218.jpg

こんな感じになりました。

今まで使われることが無かったタイヤレバーは、今日から「ベアリングレース抜き取り君一号」として第二の人生を歩み始めました。応援してください。

よーし!行け!
タイヤレバー改め「ベアリングレース抜き取り君一号」よ!

カンッカンッカンッカンッ・・・
音が甲高くて耳が痛い・・・

ほんの少しずつしか動きませんので、気長に頑張りました。

2010041219.jpg

抜けました!
「ベアリングレース抜き取り君一号」も心なしか嬉しそうでした。

そして次は新しいレースの打ち込みです。
レースにグリースを付けて、角材を当てた上からハンマーアタックで入れます。

2010041220.jpg

途中からは古レースを逆さに当てて均等に打ち込んでいきます。
最後まで古レースで打ち込むと古レースが取りづらくなるので、最後の方は貫通ドライバーで打ち込みました。

2010041221.jpg  2010041222.jpg

レース打ち込み終わりました。
抜き取りと比べたら10分の1の労力です。余裕余裕。
キズみたいなの見えるけどオイルです。

次にステムへのベアリングの打ち込みです。

数ヶ月かけて磨き&再塗装したステムに、ベアリングを打ち込んでいきます。

貫通ドライバーだとベアリングの外輪を叩いて壊しそうだったので、塩ビパイプで打とうと思ったら、ステムの下側の径28mmに合う内径のパイプが無かったので、30mmの塩ビパイプ買ってきてのこぎりで切れ目を入れて針金で縛って無理矢理合わせました。

2010041223.jpg

それでもパイプの厚みのせいで外輪に当たりそうだったので、エッジ周辺をカッターで削って薄くしてピッタリ。

ステムに下側のシールを通して(入れ忘れると悲惨ですよ)、グリスを練り込んだベアリングを通して・・・

塩ビパイプを角材アタック!

ガンガンガンガン!

ドガッ!・・・・!!!!

・・・ガンガンガンガン!

2010041224.jpg

入りました!

途中の「ドガッ!」は角材で手首をぶっ叩いた所です。
手首折れたかと思った・・・
そこで1分ほどのたうち回ってますが、結構余裕で入りましたよ。

ちなみにステムベアリングのグリスは、ウレアグリスを入れておきました。
水に弱いモリブデングリスとかじゃなければ何でもいいかと思います。

2010041225.jpg  2010041226.jpg

ステムを下側から差し込みます。
上側のベアリングを入れて、Oリングをはめます。
その上に上側シールを被せて、ステムロックナットをはめます。

ここの締め付けが私たち素人には困るところですね・・
いろんな本やサイトを見まくってコツを調べましたが、色々見過ぎて逆に分からなくなってきたので、適当にカンで締めました。
ある程度ググっと締め込んでからちょっと緩めてみたいな感じで。

最悪おかしかったらステムはバラさなくても調整は可能ですので、よく分からない場合はあんまり深く考えないで、再調整するつもりで組んだ方がいいかもです。

2010041227.jpg  2010041228.jpg
2010041229.jpg  2010041230.jpg

その後はとにかく外した物を次々と付けていくだけ。
ハンドルバー、フロントブレーキ、クラッチマスター、メーター、ヘッドライト・・・
バラすのは簡単でしたが、組み始めると順番やワイヤー&ホースの取り回しでこんがらがります。

2010041232.jpg

最初に言った通り、キャップナットをアルミ削り出しナットに変えてます。
意外と安く、純正よりもちょっと高い程度の金額で売ってます。
色はなんとなく代わり映えするように変えてみました。

その後、全体的に何度か取り回しを見直して・・・

2010041231.jpg  2010041233.jpg
2010041234.jpg  2010041235.jpg

出来た!

疲れた・・・

さっそくすぐに数十分だけテスト走行。
加速・減速・駐車場でスラローム・高速走行・・・

あれ?
予想外にステムナットは意外ときちんと組めてる感じ。
高速やブレーキングで変な振動やブレも出ないし、ハンドルが重いこともない。
前よりはすごくスムーズ。新品ベアリングだから当たり前ですが。
もう少し乗ってみて、不具合を感じるようなら再調整します。

て事で、フロント周りのリフレッシュがやっと終わりました!

でも忙しくてしばらくはツーリング行けないので、冬にやってなかったメンテをちょびちょびやっていこうかと思ってます。
去年の夏あたりからオイルも交換してませんし。


~フロント周りのリフレッシュ まとめ~
クリア塗装剥離編
サンディング編
機械磨き編
クリア塗装編
ステムベアリング交換編

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

2010/04/13 11:20 | バイク ゼファー1100 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top ▲
<<2010年初乗り | ホーム | マフラーフランジ&ナット交換>>
コメント
じゅん
ここまでやればもう素人ではないね。

プライベートチューナーレベルださねv-353

つぎは三段シートだねv-127
[ 2010/04/13 14:32 ] [ URL ] [ 編集 ]
ホントにすごいですね、原チャレベルではないですよね!
レストア屋できますねv-218

じゅんちゃん
まずはBEETのカバー類でしょうv-237
[ 2010/04/13 18:01 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>じゅん君
いやいやド素人だよ。
エンジン開けたことないし、いまだに電装系はからっきしだし・・・
君みたいに車でもバイクでも塗装まで含めてレストアしちゃう人は尊敬です。
>つぎは三段シートだね
いやだから君はなぜいつもそっちの方向に・・・本当に付けるぞ(笑)

>至さん
何を言ってるんですか~原チャと同じですよ。
至さんも原因不明のクラッチ滑りで四苦八苦してるみたいですが、私ならたぶん2回ぐらい開けたら諦めてますwww
原因追及で何度も開けてるなんてすごいです~
頑張ってください!
[ 2010/04/13 18:33 ] [ URL ] [ 編集 ]
hide
いやぁ~すごい!!
ぼくは、仕事上テーパーベアリングを組んでたりしてたからわかるけど、タイヤレバー等を使って抜くなんて頭の柔らかさや根性がすごすぎます!!
そして、メンテ類のアップはいつも勉強になります!また、アップ楽しみにしてます☆
[ 2010/04/13 21:38 ] [ URL ] [ 編集 ]
leo
いや~凄すぎます!

「ベアリングレース抜き取り君一号」・・・ってソコかよ!(笑)

キヲトさんも小林(製薬)くんのネーミングセンスに負けていませんね~
なんつ~か製品コンセプトをぎゅっと凝縮させ分かり易い・・・ってソコかよ!(爆)

マジメに・・・自分でステムベアリング交換したことないので大変勉強になります。
僕以外にもキヲトさんのブログ参考にしている人は沢山いますよね~・・・

でもキット自分ではヤラないかな~
っつうか、そこまでヤルというキモチの問題ですよね。

何故って?・・・自分が一番信用できないからです。。ハイ!(笑)
(どっかで妥協してますもん。。割り切り早いし・・・爆)

早くキヲトさんのzepが見たいなぁ。。三○シートが付いた・・・ってソコかよ!(笑)
[ 2010/04/14 13:15 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>hideさん
頭はだんだん硬くなってきてます(笑)
タイヤレバーはアイデアというより、物置を探したらそれしかなかったって感じです。

お仕事でベアリング扱ってるんですか?
って事はいろんな特工使ってるんですよね?羨ましいっす~
今回、レース抜き取りは絶対に特工持ってたほうがいいと思い知りました・・

参考になります?
私も結構適当にやって適当にまとめてるんで間違ってたらごめんなさいです。

>leoさん
小林製薬さんでしたら「ヌキトール」とかになってるかと。
いや「トルレース」かな?(笑)

そうそう。知識あってもやらない人も多いですし、やるやらないは気持ち的な物ですね。
私はあんまり詳しくないので、バラして見てみたいってのが大きいです。
私も自分はあんまり信用してないしあきらめも早いっすよ~

いやいや三段シートは付けないですよ~、金額高くて・・・ってソコかよ!(笑)
[ 2010/04/14 23:26 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/136-c1171c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。