--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2010/01/26 フォーク&ステム周りのリフレッシュ - クリア塗装剥離編 -
やっと始まりました。
フォークのアウターチューブ(ボトムケース)と、トップブリッジ&ステムのリフレッシュです。

アウターチューブもステム周りも、純正はアルミ鋳物にクリア塗装されているぽいのですが、さすがに1992年式ですからクリア塗装の下に白サビがうじゃうじゃ這い回っている状態です。

2010012501.jpg 2010012502.jpg
2010012503.jpg 2010012504.jpg

写真だと意外と綺麗に見えますが、デジカメ恐るべしです。
実際には結構みずぼらしい感じが漂ってます。

よく目につくトップブリッジ天面とかフォークが酷い状態です。
気になって気になって仕方なかったんですが、面倒なので見て見ぬふりをしてきました。

なのでいくらバイクを綺麗に洗車しても、フロント周りで「1992年式」を主張しまくりです。

って事で、ついに手をつけます。
そしてやるなら徹底的にやりたい。
って事で、今年の冬は冬眠することにしました。

「やべー!!来週ツーリングだ!!」

とかいう状態で、焦って中途半端にしたくないですから。

バフがけはしょっちゅうやってるんですが、面倒でほとんどアップしたことはありませんでした。
過去にマフラー磨いた時は載せましたが、あれはステンレスでしたし。

たまにはアルミ磨きも載せてみます。

じっくりやるので、仕上げまで段階を追っていきます。

今回は、クリア剥離編です・・・
腐食はクリアの下ですから、表面からどうこうしても消せません。
ケミカルでどうにかしようなどというのは無理です。
クリア塗装ごと取り去るしかないです。

もちろん車体に取り付けたまま磨いたり、塗装剥離剤塗るのは絶対NG。
ベアリングとかフォークのインナーチューブにアルミ粉とか研磨材が付いて、走行中はオール研磨タイムになっちゃいます。

ましてや塗装剥離剤がどっかに付いたら大変な事に・・・

「いや、でもネタとしてはおいしいな・・・フフフ」

・・・なんて事を冗談で考えてたんだけど、

実際に剥離剤の凶悪さを見たらおしっこちびりそうになりました


まずはバラしましょう。

2010011801.jpg

て事でフロント周り全部外しました。

ステムまで外してるので、ステムベアリング&レースも外してますが、そちらはいずれベアリング交換編でまとめます。

「外せる物は外して磨く」とさきほど書きました。
なのでフォークは、アウターチューブのみにして研磨するのがベストです。
でも去年OHしたばかりなので、今回はマスキング等で頑張ります。

そしてステムの方なのですが、研磨するなら、ベアリング交換では外さなくても良い物を外す必要があります。

2010012505.jpg


トップブリッジに付いてるキーシリンダーです。

これが厄介!

何故かというと、

2010012506.jpg

ボルト頭が無い!

最初見た時は小さいボルトかと思ったんですが違いました。完全に頭がちぎれてます。

色々調べてみたら、「一定以上のトルクで締め付けるとボルト頭がねじ切れる」という特殊なボルトが使用されているみたいです。
理由はもちろん盗難防止。っていうか盗難後のキーシリンダー交換防止でしょう。

ラジオペンチ+握力ではとても回せません。
バイスプライヤーで挟んで回そうかと思ったけど、ちょっと窪んだ所にあるので、私の持ってる二つのバイスプライヤーでは、どちらも頭が入りませんでした。

「ドリルで揉むか・・・」

と諦めかけたのですが、ある事を一応試してみたら・・・

2010012507.jpg

取れた!!

どうやって外したかは書かないでおきます。

盗難防止のための対策ですからね。
でも意外と簡単ですよ。

取り付けるときは通常のボルトにしちゃいます。
だって私みたいな素人に取れる盗難防止ボルトなんて、わざわざ純正買っても意味ないです。
盗んでキーシリンダー交換するくらいの人なら、どんなボルトでも取っちゃうでしょう。


さて、ここまできてやっと削れる状態になりました。

まずはちょっと気になってた物を撤去しちゃいましょう。

2010012508.jpg

このバリみたいなライン。

慎重にグラインダーでさらいました。
別にクリア剥離後でも良い作業なんですけど。

2010012509.jpg

無くなりました。
削りすぎないように慎重に。

場所が場所だけに、強度が落ちたりしないかな・・・と心配ですが、出っ張ってる部分だけですし、やってる人もいるようだったので落としちゃいました。


で、やっとここから、題名のクリア塗装剥離に入ります。

最初はサンディングで削り落とそうと思ってステムをやり始めたんですが、形が形だけにとにかく大変。
すぐに諦めました。

ステム下はまだいいほうです。
トップブリッジ裏面なんてとてもじゃないけど削れそうにないです。

急遽、塗装剥離剤に頼ることに決定。

色々調べて、その辺で素人が手に入れられる中ではかなり「凶悪」だと評判のデイトナの剥離剤を南海で買ってきました。
初売りで買っておけば良かった・・・

2010012510.jpg

これです。
この爽やかなパッケージからは想像つなかいほど凶悪でした。
ドクロマーク付いてても違和感無いレベル。

空けてみると、パーマ液を強烈にしたような臭いが鼻をつきます。
室内ではやらない方が良い感じです。
ちなみにジェル状です。

金属のバットを用意してその上でやりました。
プラスチックを溶かすらしいので、プラスチックのバットではダメだと思います。
それと筆は天然毛のほうがいいみたいです。化学繊維の筆だと溶ける物もあるようです。
手袋は必須。でも手袋も溶けるみたいなので、なるべく付着させないほうがいいみたい。
出来れば保護メガネあったほうがいいです。
そして念のために、垂れても問題ない場所でやるのがベストですね。

用意できたので塗り始めましょう!

塗布して10~15分待つとなっていますが・・・

2010012511.jpg

塗った直後からベロベロ剥がれてくる!!!

怖ええええ!!(((;゜Д゜)))


2010012512.jpg

えらい勢いで塗装が浮き上がってきます。
焦って全部一気にやらずに、パーツ一つずつ慎重にやらないとかなりヤバイです。

とにかく筆と対象物以外には付かないように慎重に慎重に。

塗って15分くらいしたら、プラスチックスクレーバーなどで出来る限り削り取り、残った部分をキッチンペーパーなどでゴシゴシ拭き取りました。

その後水洗い。
ここで堅めのスポンジで洗えば、塗料はほとんど残らず取ることが出来ます。

2010012513.jpg

あっという間にアルミ地肌。
もちろん白サビは残ってますが、クリア塗装の白っちゃけた感じが無くなっているので、金属の地肌感がたまらない感じです。

デイトナの剥離剤なかなかいいです。
ウレタン塗装でも秒殺です。
いろんなレビューを探すと、ホームセンターで売ってるような「環境に優しい・低刺激・臭いが少ない」みたいな剥離剤は、塗装にも優しすぎて使えないらしいです(笑)
それに比べるとデイトナの剥離剤は全て逆を行ってて、塗装に容赦無い事この上無いです。

2010012514.jpg

て事で、やっと辛く楽しい研磨作業に移れます!
気長に頑張ります。


▼終わりました
~フロント周りのリフレッシュ まとめ~
クリア塗装剥離編
サンディング編
機械磨き編
クリア塗装編
ステムベアリング交換編

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

2010/01/26 00:16 | バイク ゼファー1100 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top ▲
<<今更ながら、明けましておめでとうございます | ホーム | IMAX>>
コメント
いや~綺麗になるんですね!

ケミカル剤の力って凄過ぎです。

うちの黒バリ君のフロントフォークだけでも

やろっかなぁ(>.<)y-~
[ 2010/01/26 11:18 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>至さん
写真だと綺麗に見えるんですが、あくまで塗装を落としただけなので、白サビは酷いままです。
現在、夜な夜なサンディング作業を頑張ってますが、かなりしんどいです・・・

塗装剥離剤、初めて使いましたが面白いですよ~
調子に乗って色々剥がしたくなる感じです。
フロントフォークだけなら、その後のサンディングもけっこう楽ですよ。
オススメです。
[ 2010/01/26 11:55 ] [ URL ] [ 編集 ]
S.T.M.
>パーマ液を強烈にしたような・・・
異臭がすると警察に通報されませんでした?e-474

凄いケミカルですね~。
薬は使い方を誤ると毒にもなると言いますが、効果の強いケミカルも取り扱い注意という事ですね。
私のセローは納車時からアウターチューブに腐食が有りました。v-406
[ 2010/01/26 21:01 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
S.T.M.さん
普段から行いが良いせいか、異臭騒ぎにはなりませんでした(笑)
塗装はがし剤は強力でしたよ~、面白いくらいに。
S.T.M.さんもアウターチューブが腐食してるんですか?
みなさんここは腐食が多いみたいですね。
場所的に厳しい環境ですからね・・・
でも納車時からってのも困ったもんですね~
カワサキならありえるんですがw
[ 2010/01/27 13:06 ] [ URL ] [ 編集 ]
syaro
あ、先日アンモニア臭の騒ぎが我が家でありました!
やっと原因分かった・・・・(笑)

白髪染めたからか・・・(^^;ゞ


やってますね~
私も以前にタンクの塗装したとき、いろいろ調べ剥離剤も検討しました。塗ってるそばから剥がれていくらしいですよね・・・
この後はアルミ地肌にクリアー吹くのかな?
[ 2010/01/27 22:09 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>syaroさん
先日ジャスコで会っちゃいましたね(笑)
そういえばあの時も白髪染めの香りが・・・嘘ですw

今は、サビ落としをかねながらせっせとサンディング中です。
磨き終わったらクリアを吹く方向で検討中です。
鏡のように磨いてそのままってのが最高なんですが、メンテが大変ですからね~
[ 2010/01/27 23:23 ] [ URL ] [ 編集 ]
hide
はじめまして。明日僕もバフがけしてみようかなぁと思って青棒とか買いましたが、剥離剤をしてからじゃないとダメとは知りませんでした★
クリアーを剥がすだけなら、塗装用のシンナーで取れないものなんですかねぇ??
[ 2010/01/28 22:58 ] [ URL ] [ 編集 ]
leo
この塗料剥離剤聞いたことあります。
腰上OHでカーボン除去にも使えるとか…
んでもシリンダーの外は塗装されているので、そっちに付着したら泣きますね…

きっとキヲトさんだったら挑戦してくれるハズ…(笑)
いやいや、タンクから何から全塗してたりして~(爆)

ステム…すごくキレイになりますね~って皆アルミ地肌出すのコレ使っているのかな~
バフるとエッジも落ちちゃうから、磨くにも限度がありますもんね~

僕も試したくなってキター!
でもバラすの面倒っぽい!(ってそっちかい!)

つづき楽しみにしてますー
[ 2010/01/29 21:23 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>hideさん
初めまして。コメントありがとうございます。

クリア塗装は、磨いて落とせるなら剥離剤とか使う必要はないですよ~
シンナーでも落ち・・・るかな??
すいません。私あんまり塗装系は詳しくないので何ともアドバイス出来ません。

青棒買ったんですね?!
もうビッカビカの鏡面目指して頑張ってください!
私も今回、一度鏡面まで磨きこみます。
でもクリア塗装しちゃうんで、輝きがくすんじゃいますが・・・
[ 2010/01/30 01:02 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>leoさん
そうそう。カーボンも落ちるらしいですね。
でも挑戦はしませんよ~
危険すぎです(笑)

たしかにバフがけはエッジが危険ですね。
青棒や白棒は大丈夫ですが、荒いペーパーやコンパウンドだと一撃で丸くなりますから、傷や梨地部分は、どっかで妥協が必要ですね。

バラすのは簡単ですよ。レースの抜き取りが大変ですが・・・
[ 2010/01/30 01:17 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/127-62ed350a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。