--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2008/02/18 タコメーター故障・前編(修理)
タコメーターが壊れました。

なぜか常に約2倍の値を指します。
5000回転も回せばたちまち針はレッドゾーンです。
「うひょーレーシングマシン並のレスポンス!(針のみ)」・・・と喜んでる場合ではありません。
動かないなら配線か、コイルからパルス取ってるあたりか、と想像はつきますが2倍ってどういう事ですか???

古いとはいえ、ゼファー1100のタコメーターは電気式です。
電気が苦手な私は、まずはバイク師匠の同級生じゅん君に相談しました。
電話で症状を説明すると、「メーター本体の異常が怪しいから、とりあえずバラしてみな」って事でした。
色々説明してくれたのですが、「メーター内の○☆◎■$∑@・・・だから抵抗が$∑@☆◎・・・」
かなり早い段階で話を見失いました・・・全然わからん。

その後DIZZY行ったときに聞いてみましたが、やはりメーター本体が怪しいって事でした。「過去にもあったけど、抵抗とかの接触の可能性が高いっすよ。ひっぱたくと直ったりもするけど、基本的には開けてハンダ付けするか交換か・・・」だそうです。

てことで純正タコメーターを買えば私でも一発解決の可能性大です。
しかしノーマルのタコメーターは中身だけでなんと23,000円もするのです。これはさすがにビックリ。
とりあえずメーター外してバラしてみます。
中の基板まで引っ張り出してみました。じゅん君には、「コンデンサーが膨らんでないか?液漏れしてないか?どこかのハンダは割れてないか?」等々聞かれていたのですが、素人の私が見た限りでは全く問題なく見えます。

zep_taco01.jpg

基板をデジカメでマクロ撮影してじゅん君に送ってまた電話。
「見た目だけで言えばコンデンサーは大丈夫そうだな、でもハンダが数カ所怪しいな」
「え?ハンダは普通に見えっけど」
「素人にはハンダ割れは分からない場合もあるから、とりあえず持ってきてみ。見てやるから」
さ、さすが師匠!

メーターユニット外すのは、ヘッドライト内のコネクタ2つ外して、スピードメーターケーブル外して、ステム近くのナット2つ外すだけなので簡単です。

zep_taco02.jpg

しかしメーターをバラし始めると結構な数のネジや部品を外します。決して難しくはないですが、ケースか何かに細かく分けて入れておかないと組み立てで困るかも。特にトリップメーターのつまみのネジとかすごい小さいので注意。

さっそくじゅん君家に持って行って基板を見てもらいます。
「あ~やっぱりハンダが割れてるな。ここ。他にも数カ所怪しいところがあるけど」
え?どこ?ぜんぜん普通に見える・・・プロの目は違うな~

zep_taco03.jpg

その後テスターとか使って細かく見ていきます。「この抵抗は○色と○色と○色の線が入っているから、○○オームで・・」テスターをピトッ「問題ないな」ってな感じで次々調べてましたが、私には何のことやら・・・

やはりハンダの接触みたいなので、じゅん君にハンダ付けし直してもらいました。
古いハンダを吸い取り新しくしていきます。怪しいところは全部やってもらいました。
「ついでにコンデンサーも新品にしとく?・・ゴソゴソ・・あ~合う規格のが今無いな」
ってことでとりあえずハンダだけやり直してもらいました。

zep_taco04.jpg

じゅん君所には山のようにコンデンサー等があるのに合うのが無いとは、ずいぶん種類があるものなんだな~。

動作チェックです。
雪の日だったから車でメーターのみ持ち込んだのでバイクでのチェックが出来ません。
パルス発生器とかいろいろ出てきました。
ドキドキ・・・・

zep_taco05.jpg

しかしパルス発生器の○☆◎■が○☆◎Hzでこっちが$∑@☆だから・・・とかで結局動かず。
ごめんなさい。分からなすぎて書くことも出来ません。。

でも動きだけ見るために、マイナスから配線してチチチチっと手動でパルスを与えてみます。
お、動いてる動いてる!

zep_taco06.jpg

しかし手動なので正確な回転数かどうかは判断できません。
やはりバイクでチェックするため家に持ち帰ります。

仮接続してエンジンかけてみたら

zep_taco07.jpg

「お~ばっちり!」
メーターのみ最新スーパースポーツにも負けないレスポンスだったのが、普通の空冷マシンのレスポンスに戻りました(涙)

すぐにじゅん君に報告。
いやいや、じゅん君は車・バイクは機械的な所もめちゃくちゃ詳しいですが、仕事がら電気・電子にいたるまで熟知しているから鬼に金棒ですね。
じゅん君の作業中は横でタバコすってただけです。ほとんど何もやらずに終了
 ・
 ・
ではないのです。
せっかくバラしたんだから自分でもちょっと遊んでみます。

後編へ続く→

2008/02/18 00:00 | バイク ゼファー1100 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top ▲
<<キャブレター同調調整 | ホーム | タコメーター故障・後編(LED化)>>
コメント
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/12-0f681aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。