--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2009/07/06 タイヤ交換 「BT-021」初乗り
自分で交換から1週間。
やっと乗れました。

1週間放置しても空気圧も落ちてないし、交換作業自体は全く問題なかったと判断していいかなと思います。
と言っても走ってみなきゃまだ何が起きるか分からないので、エアゲージ片手に慎重に走ってきました。

初乗りなんで、まあ皮むきというか慣らしというかそんな程度に100Kmほど走っただけです。

BT-021の前に・・・

その前に履いていたBT-014はいいタイヤだったんだろうけど、私には乗りこなせなかったって感じがします。
剛性感が高くハイグリップ。しかしハイスピードじゃないと乗り心地が悪いうえ、私みたいに乗れてない素人にはケツに接地「感」を感じづらい感じでした。
タイヤに合わせてサスセッティングも出来る中上級者向けって感じですかね。評価は凄く高いタイヤですから。
ただBT-014はライフも短かすぎるので、中上級者はどうせならもっとハイグリップなBT-003STを選ぶでしょう。するとBT-014の存在意義が・・・って感じになっちゃいますね。
DIZZYでBT-014を買ったときも「コレ(BT-014)買うなら、BT-002ST(003STの前身)をオススメしますよ・・」って言われました。今考えれば1年しかもたないならそっちのほうが良かったです。きちんとプロの意見は聞きましょう。

BT-014もBT-021も、私の意見はあくまで素人意見です
乗る人のレベルや好みによって、全く感覚が違うって事を踏まえて読んでくださいね。

って事でBT-021の皮むきへレッツゴー!
2009070501.jpg 2009070502.jpg

ツルツルピカピカで気持ちいいタイヤ。
もう次のタイヤ交換までは見られませんから、まず走る前に記念にパチリ。
それにしても溝が深いですね。

さてどこで皮むきしよう?
「七北田ダム・泉ヶ岳コース」か「升沢」か??
う~ん・・・
升沢にしよう。なんとなく。
てことで南川ダムを抜けて升沢方面へ。

走り出してまず速攻で感じたこと。

「フロントの動きがニブ~い」

最初はバイクが重くなったような感覚がありました。
BT-014はえらい勢いでフロントから向き変えするタイヤでした。プロファイルが尖ってましたし。
そのクイックさに慣れちゃってたせいで、最初はフロントの動きが鈍く感じましたが、落ち着いて乗ればBT-021はバンク角なりの曲がり方って感じですごく自然なのです。
ツーリングタイヤですので当然で、ネガではありません。クイックさを求めるタイヤじゃありませんから。

それと、

「乗り心地がいい~」

これは感激。
BT-014はゴツゴツした感じでしたが、BT-021は直線でもバンク中でもギャップを踏んだとき等のアクションが優しい~です。
初乗りで心配なのでエア圧を0.1~0.2kほど高くしていたのにBT-014よりしなやかに感じました。


そんなうちに升沢に到着。
午後3時くらいだったのでバイクいっぱい。
でも走ってるのは3~4台だけで、休憩中の人が多い。
新品タイヤで高速コーナーをトロトロ走るゼファー1100。視線が痛い。見ないで・・・

気温は25℃以上。暑い。
徐々にバンクを深くしながら様子見。
ある程度走ってから停まってエア圧確認。
全然落ちてない、っていうか暑さで上がってる(笑)

それよりもビックリしたのが、コレ。
この気温だとBT-014の時は、軽く走っても数往復で消しゴムみたいに溶けてたんだけど・・・

2009070503.jpg

十分グリップするのにほとんど溶けない。
すばらしい!
これはロングライフが期待できるかも!

その後は私なりにちょっと飛ばして数往復。

やっぱりしなやかさが光りますね。
そのしなやかさとパターンのおかげか、接地「感」がすごいです。
絶対的なグリップ力はBT-014には及ばないんでしょうけど、妙に接地感があってすごく安心できます。
暑さのせいでエア圧は上がってるのに、それでもしなやか。
かといってふにゃふにゃって訳でもなく腰がある。不思議!
このタイヤすんごくいいかも~!!

家に帰ろうと思ったら、南川ダムのあたりで雨が・・・
「よ~し!ウェットもインプレだ~」
と、雨が強そうな方を目指すと、そういうときに限って速攻で雨を抜けてしまう(笑)
こういう時に限って役に立たない雨男パワー。


家で冷えてからエア圧を確認。
全然問題なし。

ちょっとしか走ってないけど、非常に好感触なタイヤでした。
これで2年くらいもってくれるなら次も履くかも。
2009/07/06 11:23 | バイク ゼファー1100 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top ▲
<<タイヤ交換 手組み交換編 | ホーム | 7月19日のsyaro'sツーリング予告>>
コメント
leo
BT-021は、BT-014の前に自分も履いていました。
BT-014は無理して1年間乗られたとのことですが、
BT-021は無理しないで1年乗れる程度だと思います。

自分はBT-014は5千キロ持ちませんでした。
(+冬にコケたし…え~いタイヤのせいにしちゃえ!)
BT-021は6千~7千キロ持ちました。
(足まわり、その他ほとんどノーマルパーツだったので
条件がかなり変わっていますが…)

今回は価格と性能を天秤にかけて、Pilot Road2にして
みました。今のところ自分はそんなコーナー攻めない
ので十分なグリップ感覚だと思います。
(ハイ!真ん中しか減りませんから…笑)

どのくらい持つか楽しみっす!
[ 2009/07/06 15:23 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>leoさん
BT-021履いてたんですか?
しかも1年で終了?!
意外と持たなそうですね~
でも6千~7千キロだと、ここ数年の私だと大体2年って感じですね~

たしかにBT-014は真冬はちょっと無理できなかったですね。
暖まってないで少し無理すると「ツツ・・」っと滑る感覚がありました。

Pilot Road2 は1万キロいくって評判ですよ~
私も結婚前は年に1万キロくらい走ってたんですけど・・・またそれくらい走るようになったら私もPilot Road2かな?
[ 2009/07/06 15:58 ] [ URL ] [ 編集 ]
S.T.M.
接地感を感じるというのは一番大切な事ですね。
ナンだか滑りそうだな~なんて思ったら楽しくないですよ。
オンもオフもグリップ走行を基本とする私が接地感を感じるのは1年に1回有るかどうかですけど。i-229
ロードタイヤは5000km程度しか持たないんですか?懐に響きますね。
セローはパワーが無いので1万kmオーバーは確実です。お金の掛からないバイクです。
(チナミニ 以前DTで履いていたエンデューロタイヤD903はギリギリまで使って3000kmでした~i-240
[ 2009/07/07 21:51 ] [ URL ] [ 編集 ]
tonky
BT021のインプレ,読んでいてとってもわかりやすいです(^^)

アタシもそろそろタイヤ選びを考えなきゃいけない時期ですが,おそらく次もpilot road2になろうかと。

だって…もちがいいんですもの(^_^;)
[ 2009/07/07 23:18 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>S.T.M.さん
ある程度以上のグリップと考えると寿命は長くて1万ですね~
ハイグリップなものだと、走行後に明らかに減ってるのが分かります(笑)
純正のバイアスはすんごいカチコチで長寿命ですが・・・

エンデューロタイヤやモトクロスタイヤも寿命は短いですよね~
でも安いってのがまだ救いですね。
次あたりセローにエンデューロタイヤどうですか?
[ 2009/07/07 23:40 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>tonkyさん
いやあ素人の感想なんであんまりあてにならないかもです

それにしてもPR2でももう交換ですか?
走ってますね~
私なんて最近は年3~4000kmですよ(笑)

そういえばtonkyさんも19日に月山どうですか??
[ 2009/07/07 23:56 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/104-e788c4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。