--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2009/06/29 タイヤ交換 手組み交換編
さて、前回書いたとおりタイヤを通販で買っちゃいました。
もう後には引けません。
自分で交換です。

前回の記事で、師匠から「リムに傷つけるから止めときましょう」とか言われて怖くなった私は、KDXの時は面倒で使わなかったリムプロテクターもキチンと最後まで使いました。

そして結果から言うと問題なく交換できました。
ビードは足で落とせたし、手動ポンプで普通に上がりました(^^;)

今回はかなり予習して作業をイメージしてました。
「あの手段で外せなければあの手を使って・・・タイヤが○○な状況ならこうやって・・・」って感じで。
常にエッチな妄想でムッツリ大王の異名を欲しいままにしている私は、こういったイメージは得意です。

そういう予習をしてコツさえ分かってれば意外とあっさり終わります。
逆にコツをきちんと押さえておかないと、本当にリムを曲げるかビードを痛めるかしちゃうでしょう。

今回は、
・外すタイヤが比較的新しかった
・気温が高く(30℃!)タイヤが柔らかかった
という条件も良かったんだと思います。
4~5年履いたタイヤを冬に外すとかだと・・・考えただけで大変そうです。

それでは作業レポです・・・
では作業に入りますが、その前にホームセンターの工作室に行ってこんなのを作りました。

2009062901.jpg

「タイヤ交換台1号」

バイクのタイヤは、ブレーキディスク等が付いているので下に置いて作業は出来ません。(外してもOK)
KDXの時みたいに古タイヤを下にしいて作業してもいいんですが、ビード落とすのに思いっきり力かけたい時などは、堅めの土台があったほうが作業が楽なはず。
薄く見えますが、薄ければ薄いほど安定すると思い、絶妙な厚みに仕上げました。
木材300円と金具250円くらいだったかな?
タイヤ交換だけでなく、今後はベアリングの打ち換えなどでも使えますね。

それとこんなのも作ってみました。

2009062902.jpg

「ビード落とし君1号」

KDXは足で踏んだだけでビードは簡単に落ちましたが、たぶんゼファーのチューブレスタイヤはかかとで踏んでも落ちないでしょう。
って事で、全体重を一辺に集中するために作りました。
「タイヤ交換台1号」の余った切れっ端を適当に切っただけです。
これで落ちなければジャッキでも使って壁と塀に挟めばいいんです。
アストロのビードブレーカーとか安いですけど、買っても置き場所に困るだけですもんね。

2009062903.jpg

どっちからでもいいけどフロントからやります。

2009062904.jpg

まずはある程度空気を抜いてからムシ回しでバルブのムシを外します。
空気抜かずに外すと、たぶん飛んでいきます。

次にビード落としに入ります。
カカトで全体を踏み踏みしたあと、試しにブーツのカカトのエッジで一点に体重をかけたら・・・

ズゴッ・・

あら?あっけない・・・
「ビード落とし君1号」も使わずに落ちちゃいました・・・
「ビード落とし君1号」は月曜日の燃えるゴミ行きかと思ったんですが、この後のリアタイヤはブーツだけではなかなか落ちなくて、「ビード落とし君1号」を使ったら一撃で落ちました。

2009062905.jpg

両側全部落としました。
ひっぺがし作業に入ります。

2009062906.jpg

写真はすでに手で外せるところまで行ってる状態です。
1/3くらいだけタイヤレバーで持ち上げれば、あとは手で外せます。

とにかくあわてず少しずつビードを持ち上げていきます。
持ち上げる逆側をなるべく潰してリムの内側に落としておけば、持ち上げる方は反対にホイールから離れていくので意外と楽にいけます。
この寄せる作業をやらないで無理矢理持ち上げようとすると、ビードは伸びる物ではありませんのでかなりの力がいります。リムやビードへダメージを与えかねないくらいです。
外すときも組むときも、これがすごく重要です。

2009062907.jpg

片側が全部外れたら、こんな感じでレバーを突っ込んでグイッと剥がしてあとは手で外します。

2009062908.jpg

コツと手順をさんざん予習したせいか、タイヤを車体から外してここまでで15分くらいです。意外とあっさり。

2009062909.jpg

リムの内側の汚れ等をパーツクリーナーなどで綺麗にしておきます。
っていっても私のは結構綺麗でした。


前回書き忘れましたがエアバルブも買いました。
タイヤも3組目だし、高い物でもないから一応交換しておきます。
ゲイルは8mmと細いです。普通のゴム製エアバルブは使えないみたいです。
金属バルブだから根本のゴムとムシだけ交換すればいいかなと思ったんだけど、「根本のゴムだけ」では探すことが出来ませんでしたので丸ごと買っちゃいました。

2009062910.jpg

あれ?
形状が違う・・・
今回はアクティブのを買ったんで、てっきり今のと同じと思ってたんですが・・・
今まで付いていた物は鉄にクロムメッキでダブルナットですが、今回のはアルミでシングルナットです。長さも短い。
アルミになったし短いからいいんだけど・・・
気になって色々調べたら、「鉄にメッキのバルブが付いてきた」って人と「アルミバルブが付いてきた」って人とバラバラです。
時期によって違う??昔は鉄だったけど今はアルミになったとか??
どっちついてます?
> tonkyさん
> leoさん

2009062911.jpg  2009062912.jpg

ホイールにつけるとこんな感じです。

2009062913.jpg

ビードクリーム(ビードワックス)をタイヤのビードに塗り塗り。

入れる前に回転方向を確認します。

2009062914.jpg

まずは片側だけ入れます。
斜めにグリグリ入れれば問題なく入ります。

あとはレバーでぐいぐい入れていきます。
残り1/3くらいが難関ですが、外した時と同じ!逆側を潰して押してセンターに寄せておけば大丈夫です。
この潰しを意識していないと、いつの間に手前のビードが上がってしまって苦労します。

2009062915.jpg

全部入りました!!

ここで回転方向の間違いに気づいた方は、泣くだけ泣いた後やり直しましょう。
あとタイヤの軽点(黄色とかの点)がバルブに合ってるかも確認です。

ビード出しに入ります。
チューブレスタイヤのビードが出にくいってのは、圧力うんぬんってより、空気がリムとビードの間から出て行ってしまうから難しいのです。
チューブタイヤは空気がもれませんから、KDXは手動ポンプでも余裕でビードが出せました。
なので出来るだけタイヤを広げてホイールに密着させることが重要ですね。

タイヤをまたぐようにして座り、リズミカルにポンポンとタイヤに座り1周させました。

どうせ無理かもしれないけど手動ポンプで頑張ってみます。

シュコシュコシュコシュコ・・・・・・・
シュコシュコシュコシュコ・・・・・・・

グググ・・・

「あれ?いけそうだぞハァハァハァハァハァ・・・」

シュコシュコシュコシュコ・・・・・・・
シュコシュコシュコシュコ・・・・・・・

「ポンッ!・・ポンッ!・・

「ハァハァハァハァハァ・・・あ、上がった・・・ハァハァハァハァハァ・・・」

気温30度だとさすがにキツイです。運動不足で途中で吐き気がしてきましたが、手動ポンプでビード上げ成功です。

空気圧を調整して終了です。
最初は高めに入れて一晩おいた方がいいらしいので、指定空気圧+0.5kくらいにしておきました。

2009062916.jpg

破裂音が鳴ればビードは上がってますが、いちおう外周が歪んでないか目視で全て確認します。
ホイールに沿って線が綺麗に出ていれば問題なしです。
慎重に作業したんでホイールも綺麗なままでしょ?

この後リアタイヤもやってますが、手順は全く同じなので省略です。
どっちかっていうとリアのほうが大変でした。

2009062917.jpg  2009062918.jpg

毎回お約束のロゴペイントしてから取り付け。
全部で4カ所なので、ペイントは意外と時間がかかる。
ちょっとだけでも試走しようと思ってたんだけど、こんなことやってたもんだから、車体に取り付けた時点で「夕ご飯できたよ~」とタイムリミット。

2009062919.jpg

BT-014との太さ比較写真です。
前のBT-014は 180/55-17 でもトレッド幅はなんと186mmあったんです。190mmタイヤに迫る太さでした。
今回のBT-021は同サイズでも幅は182mmです。
同サイズなのにホイールからの張り出し具合が全然違うの分かります?
チェーンやトルクロッドとのクリアランスが明らかに広くなりました。



チューブレスのタイヤ交換なんて自分じゃ絶対出来ないと思ってましたが、やってみれば意外と出来るもんですね。

何度も言いますが、コツはとにかく、上げよう(入れよう)としている逆側のビードは、膝で潰してホイールの中へ寄せておくことです。
コレを意識すれば、簡単に作業は進みます。
むしろチューブタイヤの方が、常にチューブに気を遣いながら作業するので大変だった気がする。

じゃあ次回もやるのか?

絶対にやりません。


時間は意外とかかりません。しかし密度が濃くめちゃくちゃ疲れます。そして常にホイールを傷付けないか?ビードがちぎれないか?と心配が尽きません。

もしフォークのオイルシール交換みたいに1本1万円とか取られるならやります。
しかし数千円ですからね・・・
今回は「自分で出来た!」って満足感のためだけにやったので、人には絶対勧めません。

あ、そうそう。
バランスは取っていません。
「バイクでバランスは取る必要がない」って人も多いです。
プロに聞くと意外にも「いらないよ」と言われます。
車みたいにオフセットされた面で止めてある訳じゃなく、ごん太アクスルシャフトで両側に止めている訳だし、ホイール自体にディスクだスプロケだダンパーだと付いてるし・・・
私は、もしおかしな振動とか感じるようならバランスを取ることにします。

次の日に空気圧を測ったら全く落ちていませんでしたので、まあ大丈夫でしょう。
でもまだ乗ってません・・・
来週時間とれるかな~

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

2009/06/29 23:50 | バイク ゼファー1100 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top ▲
<<タイヤ交換 購入編 | ホーム | タイヤ交換 「BT-021」初乗り>>
コメント
leo
ダメじゃないですか…声かけたら…
巡回&深夜徘徊しているのがバレちゃいます…(笑)
(趣味は巡回&ダウンロードですが…何か…♭)

> どっちついてます?

さて、肝心のお題ですが…
ん~と、ん~と…ブロンズです…(汁)

あれ?ちょっと待ってください…手で拭いたら塗装が
落ちちゃいました~…(爆)
…んっ!?舐めてみたら鉄の味がするぞ~っ(死)

…ってスミマセンでした。。もう言いません!

キヲトさ~ん。相変わらず凄すぎます!
自分もタイヤ交換したばかりですが、さすがに自分で
やろうとは思いませんでした…

とにもかくにも
「ビード落とし君1号」には脱帽です。。

ちなみにタイヤ交換するって聞いた時、いつぞやの
スプレー缶(ガス)を使って爆発させてハメるのかな~
ってドキドキしたくらいっす!

今度、隠し持っているアイテム見せてください。(笑)
<もちろん自作したアイテムですよ~>

PS:昨日tonkyさんとツーに行ったのですが、もしか
したらキヲトさんと私、同業かも…しれませんね~…
今度ゆっくりおハナシしましょう。。
[ 2009/06/30 00:51 ] [ URL ] [ 編集 ]
じゅん
しかしなかなかやるもんだね。扁平タイヤの手組みは硬くて大変だよね。僕はタイヤナビで入替1本630円だからやってもらってるけどね。KLX壊れて修理するか微妙。
[ 2009/06/30 08:46 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>leoさん
さっそくのコメントどうもです!
バルブは、あ~なるほどなるほど・・・ってどっちですか?(笑)

「自分でやるなんて凄い」と思いました?間違ってますよ。最後に一言足りません。正しくは「自分でやるなんて凄い変態だな」です。
ガスでのビード上げは、みんな期待してるだろうな~とか思ってましたが、普通にチャリ用のポンプで上がっちゃいました。つ~か上がらなかったらGS行きます!

tonkyさんは私の職業知ってますから、たぶん同業の可能性高いですね!
PHP、Perl、Ajax、・・・とか(笑)
って事で19日に一緒に月山どうっすか?(syaroさんの掲示板参照)


>じゅん君
本当に扁平率が重要だよね。70扁平とかならいいんだけどリアの55扁平はきつかったよ。
でもラジアルよりバイアスの方がビード硬いらしいよ。じゅん君前に車のタイヤ手組みしたのってバイアスだよね?相当きつくなかった?

タイヤ買う前にタイヤナビにも電話して金額聞いたときは、さすがに「自分でやってられんわ」って思ったけど何事も経験と思ってやっちゃいました。もうやりません。

KLXどうしたの?この前はトラ車で行ったみたいだね。
直すかどうかってくらいならWR行っちゃう?

って事で19日に一緒に月山どう?
って片っ端から勧誘してみたり(笑)
[ 2009/06/30 09:55 ] [ URL ] [ 編集 ]
leo
>バルブは、あ~なるほどなるほど・・・ってどっちですか?(笑)

あはは。。朝出がけに見たらアルミっぽかったっす。
(メッキじゃなかったみたい…っすぅ)

19日のお誘いありがとうございます~。。まだ予定がぁ・・・
ドタ参でも問題ないですかね~スミマセン。

PHP、Perl、Ajax、java・・・開発のほうかな?
[ 2009/06/30 11:32 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>leoさん
エアバルブの確認ありがとうございます!
やっぱり数年以内にバルブだけ変わったっぽいですね。

ドタ参は大歓迎です!
予約必要な所とか行きませんしぜひぜひ。

>開発のほうかな?
そうです。どっちかっていうと裏方で~す。
[ 2009/06/30 11:48 ] [ URL ] [ 編集 ]
syaro
すんなり交換出来た様ですね^^
さすが、キヲトさんですね。

「タイヤ交換台1号」や「ビード落とし君1号」も器用ですね。過去にも「XXX1号」って何種類かありましたよね(笑)

まさか、手動ポンプでビード上げ成功するとは思ってませんでした。
[ 2009/06/30 21:44 ] [ URL ] [ 編集 ]
キヲト
>syaroさん
ぜんぜんさすがってほどの内容じゃないですよ~
syaroさんなら余裕ですよ。
でも、今日じゅん君と別件で電話した時に聞いたら、やっぱり外すタイヤが「新しい」ってのがすごく重要みたいです。古いのはビード落とすので相当な苦労をするそうです。

「○○○1号」シリーズは色々作ってきましたが2号が作られた事はないですね。色でも塗って2号にVerアップしますか(笑)
今回の「タイヤ交換台1号」はめちゃくちゃ重要でした。このしっかりとした土台がないと、たぶん倍の苦労を強いられたと思います。しかも今後色々使えそうで、自分的には◎です。
[ 2009/07/01 00:25 ] [ URL ] [ 編集 ]
コメントの投稿
(管理者以外には公開されません)
(確認画面は出ません)
トラックバック
トラックバックURL
→http://daitouzep11.blog70.fc2.com/tb.php/103-f11489dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。