--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2009/01/26 簡単かつデンジャラスにビードを出す方法
やっぱり冬はネタが無いな~
と思ってたら、面白い動画を見つけました。

車(オフロード)のタイヤのビード出しの動画です。

チューブレスタイヤのDIY交換だと、

「外すときビードが落とせなくて苦労した」

「はめた後ビードが出せなくて苦労した」


って話をよく聞きます。

まあビードを落とすのは、他の車でタイヤに乗るとか(じゅん君がやってた)みたいな力業で頑張るとしても、チューブレスのビードを出すのはコンプレッサー無いと話にならなそうですね。
特に本格的な4WDの車なんかだと、それはそれは血と涙と青春のビード出しエピソードがありそうです。
あ、勝手な想像です。私はチューブタイヤの交換しかしたこと無いので。

でもそんなビード出しをアホみたいに一瞬で終わらせている動画を見つけました。



色々調べたら、パーツクリーナーやCRCみたいな物をタイヤ内部に吹いて、そこに点火して爆発する圧力で一瞬でビードを出しているみたいです。

まあ言わなくても分かると思うけど

よい子は絶対にマネしちゃダメね!!
スポンサーサイト

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

2009/01/26 12:54 | バイク その他 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top ▲
2009/01/19 ラジアルクラッチマスター取付
予告通りラジアルクラッチマスターの交換です。

DAYTONA NISSIN
ラジアルクラッチマスター

2009011201.jpg

φ19です。
これは横型クラッチマスター14mmに相当します。
DAYTONA NISSINラジアルブレーキマスターは2サイズ出てますが、ラジアルクラッチマスターはこれ1サイズしか出ていません。

まずノーマルのクラッチマスターと違うのはもちろんシリンダーの向きです。
そしてブレーキと同じくラジアルマスターはごついです。

2009011202.jpg

ちなみに、クラッチホースは前にグッドリッジのステンメッシュホース(アルミフィッティング)に変えてあります。(マスターに巻いてあるのはただの腕時計です)
ノーマルマスターはホースが下向きなのに対して、ラジアルマスターは横向きになるので、バーハンの時を考えてバンジョーを20°のものに交換します。(南海初売りでゲット)
そしてもちろんクラッシュワッシャーは交換です。
ブレーキはステンレスフィッティングだったので「銅ワッシャ」でしたけど、クラッチホースはアルミフィッティングなので「アルミワッシャ」です。硬度的にこれ間違っちゃダメらしいです。

ブレーキもそうでしたが、取り付け方法に関しては親切に取説も付いているし私は事細かには書きません。
読んでも分からない人は素直にバイク屋にGOです。

しかし、ゼファー1100への取り付けにはこちらもいろいろ問題があります。
その問題点だけに絞ってレポします。

ではまず問題点を挙げてみます・・・
続きを読む ▼

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2009/01/19 00:42 | バイク ゼファー1100 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top ▲
2009/01/07 ラジアルブレーキマスター&ステンメッシュブレーキホース取付
遅くなりましたが
みなさんあけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


と、新年の挨拶もそこそこに本題です。

ついにブレーキに手を入れる事にしました。
一番の理由は、「フォーク延長」&「バーハン時は突き出しのせいで強制セットバックホルダ」のダブルパンチによって現状はホースの長さがヤバイのです。
セパハン時は問題ないんですけど、ヘタレな私はセパハンをデフォルトには出来ないもので・・・
ノーマルホースもかなり古くなってきてるし丁度いい機会です。

GOODRIDGEあたりのステンメッシュホースを切り売りで買って自作ってのも、ブログネタとしておもしろいかな~
なんて考えて検討したんですが、ホース、バンジョー、バンジョーボルト、オリーブ・・・とか計算していくと既製品買うのとほとんど金額が変わらなかったのでやめました。

そう考えると既製品は安いですよ本当に・・・
んで買ったのはこれです

2009010701.jpg

PLOT SWAGELINE(ダイレクトタイプ)
ステンレスフィッティングです。
もちろん購入時に左右とも3cm長くしてもらいました。
取付に関わる部品はブレーキフルードまで全て入っています。

ダイレクトなので、マスターから2本出して直で両キャリパーにいきます。
もちろん最初はスウェッジラインPROのトライピースかバイピースとかも考えたんですが、いろいろ迷った末にダイレクトにしました。
だってステンレスフィッティングのトライピースとバイピースは高いんだもん・・・

で、ホースだけ変えるのかというとそうではありません。
タイトルでもうお分かりとは思いますけど・・・・

デイトナNISSIN
ラジアルブレーキマスターシリンダー

2009010702.jpg

やっぱりブレーキは効きよりもコントロール性ですよ。
・・・とかいいながら半分は盆栽のためです

鋳造でФ19です。
色は「ゴールドボディ」&「ブラックレバー」です。
「ゴールド」とか言いながら黄土色っていうダサさがGOODです。
写真ではゴールドに見えますけど、それはPhotoshopマジックのせいです。

鋳造品なのでラジアルマスターにしては安いです。
カップやカップステー、ミラーホルダー、スイッチまで入って定価21,000円。

どちらも親切な取説が付いてくるので、取り付け方法などは詳しく書きません。
(取説読んで分からない人は素直にバイク屋さんへ。危険な場所ですから)

なるべくゼファー1100に取り付ける際の問題点などに絞って書いています。

それではどうぞ・・・
続きを読む ▼

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

2009/01/07 01:12 | バイク ゼファー1100 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top ▲
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。