--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top ▲
2007/04/01 燃料コック修理(結局ASSY交換)
先日、とある作業のために久々にタンクを下ろしてみたら、コックが「ON」にもかかわらずガソリンが止まらない!ゼファー1100のガソリンコックは負圧式のため「OFF」は無く、レバーは「ON」「PRI」「RES」しかありません。通常は「ON」か「RES」でタンクを下ろします。
「ON」や「RES」でもエンジンの負圧がかからない限りは、ダイヤフラムにより弁が閉じているためガソリンは出ない仕組みです。

しかし今回は外したとたんに、トクトクトクトクトク・・・・・「ON」でも「RES」でも全然止まりません。
何かの拍子にダイヤフラムがしぼんだままになってるかもしれないので、負圧取りのノズルからダイヤフラムに逆に空気を吹き込んでみたが全然変わらず。
仕方ないので、外してる間は適当なゴム栓を作って止めておきました。
キャブレターのフロートバルブに問題なければ、フロート室でガソリンは止まるんで、とりあえずこのままでもタンクは使用可能です。
でも気持ち悪いんで直そう・・・
続きを読む ▼
スポンサーサイト
2007/04/01 00:00 | バイク ゼファー1100 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top ▲
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。